小児歯科 child

  1. 多治米歯科 TOP >
  2. 小児歯科

多治米歯科の小児歯科について。

将来健康な歯のために

子供の乳歯というのは、大人の永久歯に比べてエナメル質や象牙質の厚みが半分ほどしかなく再石灰化の力も弱いため、非常に虫歯になりやすくなっています。
また、「おやつ」や「不十分な歯磨き」で虫歯になるリスクが大変多い時期でもあります。
さらに、乳歯は永久歯に比べ虫歯の進行も非常に速く、気付かないうちに神経の近くまで虫歯が進行しているという事もよくあります。
まずは虫歯の発症を抑えるためにしっかりと予防しましょう。
この時期にしっかりとした虫歯予防を行う事が、将来の健康な歯に繋がります。
もし虫歯になってしまい、その進行の抑制が出来ない場合は、歯を削ったり、神経の治療を行います。
治療内容や必要性はお母さんにしっかりと説明した後に、できるだけ子供にストレスがかからないように治療を行うことを心掛けています。

虫歯を予防するために

大人でも子供でも同じことが言えるのですが、甘いものに気をつけましょう。歯磨きが重要なことはいうまでもありませんが、虫歯は歯ブラシの届きにくいところ、歯と歯の間や歯の表面の深い溝のなかから進行してきます。特に寝る前の甘いものは要注意です。寝ている間は甘味を洗い流す唾液が減少するので、朝までお口の中に甘い成分が残ってしまいがちです。
いままでの症例で「急に虫歯が増え始めた」という患者様の中で多かった原因は、「お風呂上りにアイスを食べる」「健康のため寝る前にヨーグルト(もちろん砂糖入り)を食べる」などです。
食生活の変化が虫歯をつくるようです。自分でも気がつかないうちに急に増え始めるのがむし歯なので定期健診でチェックされることをお薦めします。

フッ素塗布

歯は未成熟の状態で生えてきて唾液(つば)によって完成されます。その際フッ素が歯を硬化させる作用があり、むし歯予防につながります。
多治米歯科ではお子様に定期健診とフッ素塗布をしております。
大人の方でもご希望の方はいたしますので、ご相談ください。

無痛治療の心がけ

多くの患者様が歯医者を敬遠される理由は、治療の時の「痛み」が多いかと思います。
多治米歯科では、大学病院勤務時代より多くの虫歯治療を行ってきた経験を生かし、治療の際の「痛み」を出さないよう「無痛治療」を心がけております。

無痛治療の心がけ

麻酔時の痛みを抑えるために
表面麻酔に針のない麻酔器を使用しています。軽く“ポンッ”と叩く感じがしますが、一瞬でおわります。乳歯を抜く場合にはこれだけで十分効果があり、子供でも難なく麻酔を受けることが可能です。
  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 審美歯科

急な歯の痛み・トラブルに・・・084-920-2099

往診しております。

往診日
水曜日・お昼休み

病気や高齢などで通院が困難な場合には、往診しますのでご相談ください。ご自宅、施設等に往診します。
入院先で痛みがでた、入れ歯があわなくなったなどの時にも対応しますのでご相談ください。

084-920-2099

託児しております。

お母様が安心して治療していただけるように託児しています。

多治米歯科へのアクセス

広島県 福山市 多治米町にある多治米歯科(たじめしか)です。
一般歯科・小児歯科・審美歯科・ホワイトニング

多治米歯科 tajime dental clinic

〒720-0824 広島県福山市多治米町1丁目25-15
TEL:084-920-2099
【診療科目】一般歯科、歯周病治療、小児歯科、審美歯科、口腔外科
駐車場完備

診療時間

※土曜日は18:00まで
急患随時受付
往診可
【休診日】水曜・日曜・祝日

お車でお越しの方
福山駅から10分
バスでお越しの方
多治米バス停留所・徒歩3分
東多治米バス停留所・徒歩5分
バス停近くに看板がございます。

ページの先頭へ